アートメイクのダウンタイムについて調べてみた

アイメイクをするのが少し苦手でした

アイメイクをするのが少し苦手でした1週間ほどのダウタイムがある理想の眉を手に入れることが出来ました

元々自分の眉の形があまり好きではなく、メイクをする時に理想の眉の形にならないことも多くアイメイクをするのが少し苦手でした。
そこでいつでもきれいな眉の形を維持する方法はないかと、色々なメイク方法を試していましたが、美容情報サイトで紹介されていたアートメイクで眉の形を作ってもらう方法が紹介されていて、これならすっぴんでもきれいな眉の形を維持することができるのではと、情報を集めることにしました。
アートメイクとは皮膚にインクを注入する施術で、最近は眉毛の線を描いたり、アイラインやリップに色を付けるなど様々な美容効果を得ることができると知りました。
最初アートメイクと聞いて、入れ墨のように完全に取れなくなってしまうのはかなり不安でした。
入れ墨は皮膚の深い部分にインクを入れることで一生消えない模様を残す施術ですが、アートメイクの場合は皮膚の浅い部分にインクを注入する方法なので、時間の経過とともに色がどんどん薄くなっていき一生残るものではないと紹介されており、これならば自分でも気軽に施術を受けることができるかもと思いました。
実際に施術を受けた方の口コミをチェックしましたが、一般的に1〜3年ほどかけて徐々に薄くなっていくと紹介されていたのでその時に再度違うデザインにチャレンジできる点もメリットだと思い、自宅近くでアートメイクの施術が受けられる美容クリニックを探すことに決めました。
ただ施術を決めた時に最初に考えたのが、一生残らないとはいっても理想の形ではない眉になってしまったら、当分の間はその眉で我慢する必要があることや、インクを注入することで施術後のダウンタイムがどれくらいあるのかしっかり知っておくべきだと感じました。
口元の施術ならばマスクでカバーすることができますが、目元や眉などはメイクだけではカバーできない可能性があるので、どれくらいのダウンタイムがあるのか知っておかないと、腫れがある状態で出勤をするのは少し躊躇してしまうからです。

アートメイクのダウンタイムアートメイクのダウンタイム!